引っ越し失敗しないためにも数社に話を聞くのは基本

引っ越しの見積もりを取る際に、複数の業者に見積もりをもらう相見積もりを取るという話を聞いたことがあると思います。

昔とは違って、インターネットを使えば複数の業者に見積り依頼を出すのは簡単になりました。

なので、今の時代に引っ越し業者に頼んで引っ越しをするのであれば、相見積もりを取るというのが一般的になったわけです。

 

インターネットが発達していない時には、電話帳などで電話番号を調べて一社づつ電話をするという、見積依頼を出す時点でめんどうでした。

今はいろんな事がインターネットで申し込みが出来るようになりました。

本当に便利ですよね。

 

相見積もりで業者比較

相見積もりを取るということは、業者を比較するということです。

それは、見積金額だけを比べるためにするわけではありません。

 

もちろん、金額比較も重要です。

相見積もりを取れば、一目瞭然で安い業者がどこかわかります。

また、他社の見積りを持っていれば、それを利用して値下げ交渉にも使えますよね。

 

引越し費用も大切ですが、自分の大切な荷物を任せれる業者を探すことも目的の一つです。

値段がいくら安くても、例えば小さなトラックで何往復もしなくてはいけないなど、サービスに問題がある業者かもしれません。

また、作業員の数が用意できなく、あなたも手伝う必要があるところかもしれません。

それ以外にも、エアコンの取り外しもしてほしいなど、引っ越しにはあなたの要望もあるはずです。

それらに対応できる業者かもしっかり話をして確認しておく必要があります。

 

また、話しづらい営業の人だと、その後のやり取りに支障が出るかもしれません。

訪問見積もりに来る人が、必ずしも引っ越しの作業をする人とは限りませんが、見積の内容と引っ越しの内容が違う場合には、見積もりに来た人に連絡をとる必要も出てくるでしょう。

そもそも、訪問見積もりというのはその業者の代表として来ているようなものです。

話しづらかったり、態度がわるい業者にお願いするのは、頼む方としては不安になりますよね。

そういった、業者の雰囲気を知る良い機会なのです。

 

賢い相見積もりを!

相見積もりをするときは、少しでも良い条件で見積りをして欲しいですよね。

サービス面では業者が出来ること出来ないことがありますが、見積金額は条件によって代わります。

条件を良くする方法として、引っ越しの一括見積りを利用するという手があります。

 

なぜ、条件が良くなるかというと、一括見積もりサイトを利用して見積り依頼を出すと、業者側には一括見積りを使っていることがわかります。

そうなると、高い見積では仕事が来ない可能性が増えるわけです。

1社づつ自分で電話して見積りを取っていると、相見積もりをしていることが業者がわからないため、あまり割引された金額を提示してこないこともあります。

従って、最初から本気で見積りをさせるためにも、一括見積もりサイトを利用しているよと言うのが業者がわかっているというのがポイントに成るのです。