人気車種なら3年での乗り換えもオススメ!

人気車種というのは、中古市場でも需要が高く値崩れしづらいです。

当然、買い取って貰える金額も高値で買い取ってもらえる可能性が高いのです。

とは言っても、当然300万で買った車が、300万で売れるというのはよほど特殊なプレミアでも付いていなければ、ありえないですけどね。  

 

ただ、1年あたりの車の維持費という考え方からすると、3年で手放すメリットが有る車種もあるということです。

例えば上記の300万の例で行こうと思います。

3年目の車検前に180万で売却できたとします。

そうすると、3年間で120万なので、1年間で40万になります。  

それを、10年まで乗ったとします。 10年経つと、金額がほぼ付かないと考えて、維持費は300万まるまると、その間に受ける車検代が入ってきます。

登録年数3年の車より10年のほうが修理の確率は高いですが、10年までに大きな故障をする可能性は少ないので無視します。

車検代は1回10万と考えると10年までの間に4回受けるので40万です。

合わせると、10年で340万なので、一年あたりの車の費用は34万円です。  

この計算だと、10年乗ったほうが特じゃん!って話になりますが、10年乗るということは、タイヤも何回か買い換えますし、オイル交換を始めメンテナンス費用もかかります。

それ以外の消耗品もありますよね。 ワイパーなどもそうでしょう。

オイル交換は、新車を3年で乗り換えても、普通にするので差になるような物ではないですが、他の消耗品に至っては、通常新車で新品がついていれば3年で買い換える物は少ないか、ほぼ無いでしょう。

それらを足していくと、上記の例ではほぼ差がないと言っても過言ではないです。  

 

3年目で一度乗り換えを考えてみても!

そもそも、上記ほどのコストパフォーマンスを3年目で出せるのは、本当に人気車種と言うことになります。

上の例では、おおよそ3年乗るもの10年乗るのも、維持費は変わらないという結果の例でした。

しかし、3年の時に手放す金額がもう少しでも大きければ、3年で手放すほうが維持費は安いという結論にもなります。  

10年乗った時のランニングコストは、上記のように計算しやすいですが、3年目の時は実際にいくらで手放せれるのかがわからなければ、計算できません。

 

なので、一度査定を受けてみてはどうでしょうか。

特に、今乗りたい車があるのであれば、どうするか検討するためにも、自分の車の価値を知っておくのは悪いことじゃありません。  

また、その際には今乗っている車を欲しいと思っている業者を見つけることが大切です。

その業者の方が、間違いなく高く買い取ってくれるでしょう。 一社だけで価値を判断するのではなく、複数の業者に話を聞いてみることが、すこしでも車の価値を高めるポイントです。