一番のメリットは複数の業者をしっかり比較できる所!

業者と交渉するなら複数業者の比較が、一番交渉を有利に進めやすいです。

理由は簡単で、他社の見積がすでに手元にあるからです。

それがなんで有利かというと、今来ている業者が、その業者よりも高い見積もりを出したら、すでに持っている見積もりを見せて、値切り交渉をします。

point2

この交渉を行うには、ある程度余裕が必要です。

あまりに日程がないと、業者を選ぶ暇がなくなってしまいます。

なので、業者とは早めに交渉したいですね。

 

この時、注意したい点がいくつかあります。

例えば5つの業者から見積りをとることにしたら、安そうな業者に先に見積りをしてもらいます。

一社目はよその見積りはないので、交渉で少しでも安い見積りを手に入れるようにしましょう。

無理に安くしてもらわなくても、一つでも見積りを手に入れるのが目的なので、そんなに気負う必要はありません。

 

二社目以降は、その前に手に入れた見積書と比較して交渉していきましょう。

その際に、頼みたいと思える業者なのかも見積もりに来た人の確認しておきましょう。

サービス内容などですね。

最終的に、一番安かったところかサービスが良かったところにするのかは、判断してください。

ただ、例えば3社目が一番サービス面で頼みたいと思った場合、営業の人にもう一度連絡して一番安かった見積りを伝えて、値段を合わせれるかは聞いて見る価値有りです。

 

早く見積りを取ったほうが安くなりやすい

見積もりの連絡から、実際に引っ越ししするまでは日程がある方が安くなる可能性があります。

引っ越しにかぎらず、早割というサービスは色々有りますよね。

代表的なのが飛行機のチケットです。

 

それに、希望の日程で引っ越ししするのにも、早く連絡したほうが良いです。

希望の日に業者の予定が、他所でいっぱいになってしまう可能性もあります。

予定通り引っ越ししするためにも、早めに業者を抑えてしまいましょう。

対応できる業者が減ってくると、せっかく安く済ませれるはずの引っ越しし費用を多く支出しなくては行けないかもしれません。