引っ越しを業者に頼む際には、まずは見積もりという手順を踏みます。

この際ですが、よほどこの業者にお願いしたいというのがなければ、複数の引っ越し業者を検討しましょう。

そのほうが間違いなく、引っ越し費用の無駄をなくすことができます。

 

複数の見積もりを比較するとなぜ安くなる?

プリント

引っ越し業者によって、作業にかかる見積もりはまちまちです。

当然、長い時間を考えて見積もりを出したほうが高くなります。

さらに、必要な作業員の人数やトラックの大きさはどうするか?など、その業者によって判断が分かれるところもあるのです。

 

その結果、一番高いところと一番安いところでは、下手したら2倍ぐらいの開きがあった!という結果もあり得るのです。

これは、荷物が多くなるほど変わってきます。

逆に、単身パックが使えるぐらいの小規模の引っ越しであれば、差がないわけではないですが、比較的少ないでしょう。

 

ただ、単身パックというのは思いのほか荷物が載りません。

本当に単身パックで大丈夫なのか確認するためにも、いくつかの業者には声をかけてみたほうが良いでしょう。

 

手軽に引っ越し料金を比較!

複数の業者にいちいち自分で電話して連絡するのは大変です。

なので、一括見積サイトなどを使って、ササッと見積もりの手続きをしてしまうのが良いでしょう。

引っ越し予定日に手が空いていて、あなたの引っ越し内容に対応できる業者から連絡が来ます。

対応可能業者に見積もりをもらって、最終的に実際にお願いする業者を決めましょう。

 

決める基準は、単純に料金もありますが、作業内容も訪問見積もり時に確認して安心して任せれる業者に頼みたいですね。

訪問見積もりですが、これはしっかりやってもらったほうが良いです。

いざ、引っ越しの日に対応できないなどのトラブルを避けるためです。

面倒に感じるかもしれませんが、その効果は上記で書いたように、50%オフという話もあるほどです。

 

どうしても面倒であれば、訪問見積もりをしてもらう業者を少し絞りましょう。

本来であれば5社ぐらいにはお願いしたいところですが、3社に絞って朝から予定を組めば、午前中のうちには終わるでしょう。

半日の時間で10万の引っ越しが、例えば6万になれば、かなりお得ですよね。