少しでも安い見積もりを取るのはちょっとの手間だけ!

引っ越しを安く満足いくものにするなら、業者比較はとても大切です。

引っ越し業者によって、サービスも価格も全く違います。

しっかりと比較をしたうえで、お願いするところを探したいです。

 

業者を選ぶ時のポイントは、価格をとるかサービスをとるかです。

サービス面では大手の業者のほうがいろいろオプションもありますし、任せても安心感があります。

ピアノなどの特殊な荷物もお手の物です。

ただ、料金はというとその分高めです。

 

逆に、小さい業者に頼めば、大手に比べれば安上がりで済むことが多いのです。

しかし、作業員の数が少なく、引っ越しに時間がかかる場合もありますし、そもそも遠距離の引っ越しだと対応していないこともあるでしょう。

ピアノや大型の家具などにも対応していないかもしれません。

 

今回の引っ越しに対応できてサービスも納得でき、価格面でもお得感がある引っ越し業者を選ぶには、様々な引っ越し業者に見積もりを取ってみるのが確実です。

また、合い見積もりをとることによって、1社だけに見積もりをお願いするよりも、断然安くすることもできるので、手間と思わないでやってみてほしいです。

 

合い見積もりは5社ぐらいがおすすめ

むやみやたらに、多くの業者に見積もりをお願いしても時間がかかるだけです。

もちろん、多いほうがより安い業者が見つかる可能性もありますが、だいたい5社も見積もりを取ればハズレはありません。

このとき、大手ばかりや中小零細ばかりではなく、いろんなタイプの業者に見積もりをお願いするのが良いです。

それぞれの特徴もわかりますし、値段も差が付きやすいので、最終的に決定するときに迷わなくて済みます。

 

見積もりは小さな会社から!

上のほうでも書きましたが、小さな会社のほうが引っ越しの見積もりは安い可能性が高いです。

あと後の交渉を考えると、小さな会社から順に見積もりをもらっていくのが良いでしょう。

1社目より2社目のほうが見積もりが高ければ、安い見積もりを見せて少しでも値段を下げれないか交渉していきます。

 

即決価格で見積もりをする業者もいますが、基本的にはお断りして即決でない場合の見積もりをもらうようにしましょう。

見積もりしてもらうのが、最後の業者の場合は、サービス内容と見積もり価格を比較して納得がいけば、即決してもOKです。

即決を迫られた時ですが、自分一人では決められないで良いでしょう。

例えば、家族にはなす必要があるとか、引っ越し費用は会社も出してくれるから見積もりを見せて承認をもらう必要があるなど、その場で決めれないという理由であればなんでもいいです。

 

上手に合い見積もりをして、安く引っ越しをしましょう!