引越の内容によって業者選びは変わる!

一言で引っ越しと言っても、実際に内容を見てみると、ひとによって全く違います。

なので、どちらが良いとは必ずしも言えないのです。

最終的には、双方に話を聞いてみて、あなたにピッタリの引越し業者に頼む必要があります。

 

ただ、それでは、あまりにも無作為に業者に話を聞かなくてはならなくなります。

どっちのほうが、どんな引っ越しに向いているかを知っておくのは、業者選びの参考になると思いますので、引っ越し内容と業者について書いてみます。

 

特殊な引っ越しはやっぱり大手!

例えばですが、楽器類等の特殊な荷物は、やはり大手のほうが安心です。

対応できるのも、大手のほうが多いでしょう。

特に大きな楽器です。

 

代表的なもので言えば、ピアノですね。

重量があって大きく、取り扱いにも気を使う必要がります。

そういうものは、経験の差や機材の豊富さなどを考えると、大手の業者に任せるほうが安心です。

 

サービス・オプションの豊富さで選ぶなら大手!

大手には、普通の引越しプランにプラスしてやってもらえる、オプションがあります。

お金はかかりますが、エアコンの移設や車の陸送なんかも対応してもらえます。

時間が無い人には嬉しいオプションとしては、掃除もオプションで対応してもらえます。

時間が無い人ついでではありますが、引っ越しらくらくパックの様な、すべてを任せるオプションもあります。

 

中小業者を選ぶメリットは?

大手をほめてばかりいましたが、中小にだって使う理由はあります。

それは、なんといっても費用です。

サービスなんて、とりあえず考えていなく、荷造りなんかは自分でするし、搬出・運搬・搬入だけやってもらえて、かつ安く済ませたいというのであれば、こちらを選択したほうが良いです。

大手でも安いことはありますが、どちらかと言えば、中小零細企業のほうが価格面では軍配が上がります。

また、実際に見積りで話を聞いてみると、大手並みとはいかなくても、自分がやってもらいたい事も格安でやってもらえるかもしれません。

 

話を聞かないでどっちか決めるのはもったいない!

業者を選ぶポイントを書いてみましたが、最初からどういう業者に頼むか決めてしまうのは、とてももったいない話です。

実際には、引越の日程なども加味されて見積りは出てきます。

上記のポイントについては、あくまでそういう傾向があるという話です。

少し面倒と思うかもしれませんが、しっかりと複数業者から話を聞いて、引越業者を決めたほうが安くサービスが良い業者が見つかりますよ。