引っ越し業者と言っても、いろいろな業者が有ります。

それぞれ、特徴があります。

実際に、引っ越し業者に頼む際には見積もりを取ることになりますが、種類と特徴を把握しておくのは、引っ越しの際のトラブル防止にも役に立ちます。

種類と特徴についてまとめていきます。

track

 

引っ越し業者をまずは2つに分けてみる

引っ越し業者には、引っ越しを専門にしている専業業者と、引っ越しがないときは一般の荷物の運送をしている兼業業者が有ります。

専門の引っ越し業者のほうが当然引っ越しに慣れているので、スムーズな作業が期待できます。

作業員も引っ越しになてれいる人が多いので、安心して引っ越しを任せるなら専門業者のほうが安心です。

 

兼業業者のほうが、普段は普通の運送をしているため、作業員の引っ越しに対する慣れと言う意味では、専業業者に軍配が上がります。

ただ、その分料金的には専業御者に比べリーズナブルな事が多いです。

引っ越しを安く上げたいなら、兼業業者と言う選択肢もあるでしょう。

 

引っ越し業者の規模で分けてみる

引っ越し業者には、知名度の高い大手の引っ越し業者から、個人でやっているような小さな引っ越し業者までいろいろ有ります。

大きな括りで大・中・小に分けてみます。

 

大手の引っ越し業者

テレビのCMなども行っているような業者がこれにあたります。

特徴は、全国展開しているので対応エリアが広く、遠方の引っ越しには強いです。

また、特殊車両も完備しているので、3階などの高いところで窓(ベランダ)から運び出すというような事も対応してくれる業者が多いです。

もちろん、社員教育を始めしっかりしています。

しかし、コストもかかっているため、引っ越しし費用は高めなことが多いです。

 

中規模の引っ越し業者

業者の数ではこの区分に入る業者が最も多いです。

価格とサービスのバランスが良く、もっともよく利用される業者でも有ります。

業者が多いということは、その分価格競争になるため、比較的割安と感じる人が多いようですね。

 

小規模の引っ越し業者

大体の業者は個人で、普段は引っ越し以外をやっている兼業業者がほとんどです。

上記も書いていますが、個人でやっている人が多いため、基本的に引っ越しし作業はドライバーが一人で行うことになります。

一般的に軽トラックを使用しているため、運べる量は少ないです。

業者によっては、引っ越し用の車両を持っていることもあるため、利用する場合は要確認です。