車を買い取りに出すときは、まず査定を受けす。
その査定額は、自分の手元に残る金額なのでしょうか?
買取手数料が掛かるなら、実際はそれよりも減ることになりますよね!
買取に関わる手数料について調べてみました。
 

査定に費用はかかる?

買取に掛かる手数料ですが、基本的に査定は無料です。
ただ、有料の査定もあります。
日本自動車査定協会という所があって、そこでは有料で車の査定をしてくれます。
また、査定については証明書も発行してくれるので、買取業者の査定額がどうしても納得いかない場合や、個人売買の際には役に立つでしょう。
 

契約後の費用について

契約後に掛かる費用は契約する業者によっても違いますが、概ね4つあります。

  • 名義変更の手続に関する費用
  • 名義変更手続きの代行費用
  • 印鑑証明
  • 住民票

これらの費用を払う必要があることが多いようです。
 
費用については、契約時に前払いや、査定額自体がこれらの諸経費を引いた分で出ていたりなど、業者によって違うので査定時にしっかり確認しておきましょう。
代行手数料は業者によって違いますが、他の費用は実費で言えばそれほど高いものでもありません。
数千円ぐらいです。
実費で請求してくるか、それにも手数料を乗せてくるかも業者次第ですね。