普通に考えた時、事故車とは事故にあったことのある車ですよね。

ただ、これってほんとうの意味での事故車ではない可能性もあります。

事故車とはどういう車を指すのでしょうか。 また、査定に影響が出る事故車とはどのような車なのでしょうか。

 

買取の場合の事故者とはどういう車?

一般的に事故車から連想する事故の範囲は、修理が必要なほど車が損傷を受けたと思いますよね。

例えば、サイドミラーをぶつけて新品と交換したとか、物にこすってドアの側面を修理したなどです。

ちょっと、規模が大きくなると、バックしていて電柱にぶつけてバンパー交換したなんていうのもあるでしょう。

これは、どれも事故車にはならない可能性があります。  

 

買取業者などが言う事故車とは、車の骨格部分を修理や交換したものを言うのです。

ちなみに、買取業者は事故者ではなく修復歴車と呼びます。

中古車を購入する場合にも、お店にもよりますが修復歴と言う項目で有る無しが価格と一緒に表示されています。

車の骨格(査定に影響が出る部分)は9箇所です。

  1. フレーム
  2. クロスメンバー
  3. インサイドパネル
  4. ピラー
  5. ダッシュパネル
  6. ルーフパネル
  7. フロア
  8. トランクフロア
  9. ラジエータコアサポート

これらを、修理・修復・交換している場合が事故車(修復歴車)です。  

 

従って、上記で例に出した物は、事故車にはならないのです。

ただ、ドアを交換したり板金したりするのは事故車にはなりませんが、その際にピラーも曲がって修理したりしているのなら事故車です。

これは、電柱にぶつかった例にも言えます。

上記に当てはまる修理が無いのに、査定時に事故車扱いされた場合は、しっかりと事故車ではないと言いましょう。  

 

事故車(修復歴車)の買取価格は?

修復歴者ももちろん買取してもらえますが、残念ながらそれなりに値段を下げられてしまいます。

ご自身が中古車を買う時を思い浮かべてもらえれば良いかと思いますが、事故車はやっぱり買いたくないと思うのでは無いでしょうか。

なので、買取業者も値段を下げないと、買い取った車をさばけないのです。

 

実際は、きちんと修理されていれば、安全面なども含め走行に問題がない事がほとんどなんですけどね。

わかっていても、なかなか手を出しづらいのが修復歴車です。  

上記のようなことも有り、修復の程度によって査定額を下げられてしまいます。

この辺りは、業者によって様々なので、少しでも高い買取額を提示してくれる業者に買取をお願いするのが一番ですね。