ネットで一括査定をしてみると、思ってた以上に高値の査定を出してくる買取業者があったりします。
本当に?って疑問に思う人も居ると思います。
実際に、査定額で買い取ってもらえるのでしょうか?
 

ネットで行う査定はあくまで記入した情報しか見ない

インターネットで査定をする場合、こちらが車体の情報を入力します。
車種や年式・走行距離や車体の装備品・傷の具合などがありますが、査定する側が現車を見たわけではありません。
従って、それら入力された情報を元に査定額を提示するわけです。
当たり前と言えば当たり前の話ですよね。
 
実際の買取金額は、現車を直接見てもらって査定になります。
そうすると、車体のキズとかは最初想像での査定なので実際観てもらった結果、査定額が下がる場合もあるでしょう。
 
ただ、あくまで査定の基礎は、車種や年式・走行距離です。
記入した情報に間違いがなければ、大きく下がることはほぼ無いでしょう。
なので、ネットの査定額はそれなりに信用できると言う事になります。
 

ネットの査定は、一括査定が多いのもポイント

最終的に車を買い取るためには、買取業者としては現車の査定を自社にやって貰う必要があります。
一括査定なら、最初の概算査定の段階で他社と勝負になるので、高めでだして自分のところを選んでもらおうとするのです。
一括査定を使ったら思ったよりも高値が出た!と言う口コミなどがあるのもそのためです。
 
ただ、言い方を変えれば、ネット査定で高い金額が出たというより、それが訂正な買取価格といえます。
言葉はちょっと悪いかもしれませんが、安い価格を提示してくる所は足元を見られているとも言えます。
例えば、次の車を購入する所で下取りしてもらったほうが、こちらとしては手間が少なくて早いですからね。
どちらで車を手放すにしても、愛車の適正価格を知るためにも1度は一括査定を利用してみてはいかがでしょうか。