結論から言ってしまえば、基本的には談合は無いです。

業者としては、同業者はみなライバルで、少しでも高い査定を出して自分のところで車を買い取らせてほしいと考えています。

ただ、中には談合している場合もあるという話も聞きます。

どういう場合に談合されやすくなるのでしょう。

 

談合されずに高額査定を出させるには

車を高く買い取らせるためには、複数の業者に査定を出してもらうのが、1つのポイントに成ります。

最終的には本査定をしてもらうのですが、複数業者に同時に来てもらい、その場で査定してもらうという方法もあります。

こちらの手間としては、これが一番楽なのですが、談合というか値段合わせをされる可能性もあります。

 

例えば、150万まで出せる業者Aと、120万までと言う業者Bがあったとします。

最初の暫定の査定で、両者とも120万で出ていて、後日本査定で同時に査定をしてもらいます。

Aの業者がやっぱり120万という金額を出した場合、Bの業者は150万まで出せるけど、130万と査定を付けることが考えられます。

談合とはちょっと違いますが、値段を合わせられるという点では、一緒ですよね。

 

また、大手よりも地元密着型の買取業者に多いのは、お互いが知り合いで仲が良いという場合です。

そういう場合は、今回は知り合いに合わせようと口裏を合わせている可能性も否定できません。

なので、近場の買取業者にお願いする場合は注意しましょう。

 

そういった不安を払しょくするためにも、まずは一括査定などでいろんな業者の査定を調べておくことをおすすめします。

それがわかっていれば、例え地元の業者に査定をお願いしても高い査定なのか、低い査定なのかの判断材料になります。

 

一括査定でも工夫してみる

必ずしもおすすめの方法ではありませんが、談合されづらい一括見積りの方法もあります。

それは、一括見積りでは出張査定をしてもらいますが、すべての業者に同じ時間に来てもらうという方法です。