引っ越しと言えば引っ越ししそばですよね!

ただ、本当の意味を理解している人って少ないと思います。

そんな引っ越しし蕎麦についてお話したいと思います。

soba

 

引っ越ししそばの由来は?

引っ越ししそばの歴史は江戸時代までさかのぼります。

引っ越しをしてきた挨拶に、蕎麦を配ったのが始まりだそうです。

蕎麦にした理由は、細く長くお付き合いしましょう!と言う思いが込められていたそうです。

年越しに食べる、年越しそばに似ていますね。

 

もう一つは、洒落も含まれているんですよ!

あなたのそばに引っ越ししてきました。っていう意味です。

江戸時代の人は洒落好きですよね!

 

また、蕎麦になったのは、単純に安かったという理由もあるそうです。

むしろ、これが1番の理由かもしれませんね。

 

引っ越ししそばは、食べるものではなく上げるもの

と、言うわけで、引っ越ししそばというのは引っ越しした人が食べるものではないのです。

挨拶の時に、持っていくものなんですね。

挨拶の時は今では、洗剤や菓子折りなんかが多いですよね。

 

実際、この風習通りに引っ越ししそばを持って挨拶に行った事のある人は数%だそうです。

ほとんど廃れてしまった風習と言えますね。

是非、引っ越ししそばを持って、挨拶に回ってみてください!

挨拶する範囲は「向こう三軒両隣」が基本ですよ。

 

本来は上げるものではありますが、引っ越しし当日は食事の用意する気力もないでしょう。

配るだけでなく、蕎麦で簡単に食事を済ませるのもありですよね。

 

引っ越ししそばではなくうどんを食べる地域も

引っ越ししそばとは違って、食べるという風習があるところもあります。

うどんで有名な香川県です。

引っ越しし当日は讃岐うどんを食べるそうです。

しかも、新築に引っ越した場合は年長者から順番にお風呂で食べるそうです。

太く長く生きられるようにとの願いが込められていると言う話もあります。

それにしても、お風呂に浸かりながらうどんというのもすごいですね。