新居に引っ越したは良いけど、電気が使えないと結構問題です。

電気の使用開始はどのようにするのでしょう?

また、手続きはいつまでにしておけば良いのでしょうか?

denkyuu

 

電気を使えるようにするのは簡単!

手続きの話はひとまず置いておいて、使えるようにするという話です。

引っ越しし先に言ったら、電気のブレーカーを探しましょう。

大抵、キッチンや玄関、トイレなどにあります。

ブレーカーの摘みを上げれば、電気が使えるようになります。

 

手続きも簡単です!

電気を使えるようにしたら、次は使用開始の手続きです。

部屋のわかり易い場所に、電気の使用開始する手続きのハガキはありませんか?

例えば、玄関の下駄箱の上や、玄関のドア、キッチンやブレーカーのそばなどです。

見つけたら、それに必要事項を記入して郵送して終わりです。

 

見つからない場合は、管轄の電力会社に連絡する必要があります。

連絡すれば、すぐに電力会社の方で対応してくれます。

 

電気温水器がある場合には注意!

電気温水器がある家に引っ越しす場合は、ブレーカーを上げるだけではお湯が出せない可能性があります。

原則通電開始の立ち会いが必要としている電力会社もあります。

オール電化などの、住宅に引っ越しす場合は早めに電力会社に確認しておいたほうが良いでしょう。

下見の時に、立会が必要かどうか確認しておけば、引っ越してから慌てることはありませんね。

引っ越しし当日にお湯が出ないというのは、不便ですので引っ越し作業中にでも開通できるように段取りをしておくのがよいでしょう。