通常、部屋を借りるときには敷金を払っていることが多いですよね。

敷金は、家賃の滞納を始め、部屋を引き払うときの原状回復の費用に充当されます。

もちろん、どちらもこちらに否がなければ返却されるべきお金です。

家賃滞納はわかりますが、原状回復の範囲ってどの程度なのでしょうか?

ie

 

こちらが負担するべき原状回復費用

部屋を出るときに修繕費として払う必要があるのは、こちらの落ち度による汚れやキズなどです。

例えば、ペットを飼っていて床や壁にキズが付いている。

家具の搬入などで、壁や床にキズを付けた。

掃除をきちんとしなかったために、汚れたと判断された時。

壁に穴を開けた場合(一般的に画鋲はOKでも、ネジなどはNGなことが多い)。

他にもありますが、こちらに落ち度があるかどうかがポイントです。

 

負担しなくても良い原状回復費用

逆に、こちらが負担する必要のないものです。

カレンダーやポスターを貼っていたため、壁の色にムラができた。

普通に生活していての、汚れや色あせ。

家具を設置していた場所のヘコみ。

テレビの裏などの電気焼け。

これらは、普通に生活していればどうしても出来てしまうものです。

そういったもことについては、基本的に大家さんが修繕費を出すことになっています。

 

ガイドラインはあっても法的拘束力のある決まりは無し!最終的には話し合い!

上記のことは、国がガイドラインを作っていることです。

しかし、法的な拘束力があるものではありません。

いくらガイドラインに出ていても、最終的には貸主がどういうかにかかっています。

 

不要なトラブルを避けるためにも、最後の掃除はそれなりに気合を入れてやりましょう。

キッチン周りなどは特に汚れています。

そういう部分がきれいなだけでも、最後の確認の時にはプラスに働くものです。

やはり、大家さんも人間ですからね。

そういうマナーの部分は、やはり気にかけるべきでしょう。

 

そして、きちんと一緒に部屋を確認して、敷金の中から出すものは出す。

返してもらうものは返してもらうと言う、話し合いをきちんとしましょう。

確認に立ち会わないで、後に予想以上に清掃費や修繕費を請求されたという話を聞きます。

やはり、自分の目でも確かめることが大切です。