引っ越しの三日前といえば、すでにある程度不要なものから梱包をやっている時期です。

早い人なら、一週間前には不要なものを片付ける人も居ます。

逆に、急な引っ越しなどですぐに引っ越しを迫られる場合もあるでしょう。

例えば、三日前とかに引っ越し業者に頼んだとして対応してもらえるものでしょうか?

1408_getumatu

 

スケジュールに余裕がある業者を見つける

業者も限られた資材・人員で作業をしているので、スケジュールが詰まっていれば引っ越しを引き受けてはもらえません。

まずは、スケジュールが空いていて、引っ越しを引き受けてくれる業者を探すところから始まります。

1社ずつ電話をしていては、断られるたびに焦ってしまいますし、手間がかかって仕方ありません。

 

ここの作業は一気に終わらせたいところです。

なので、一括見積もりサイトを使って手早く済ませてしまいましょう。

スケジュールに余裕がある業者から連絡が来るので、その中から選ぶのが良いです。

 

業者によっては、翌日や当日OKの所もあるので、最後まであきらめないでください。

突然のキャンセルで手が空いている業者があるかもしれません。

 

どちらにしても時間が無いため、本来であればメールで回答が来ることが多いですが、直接電話などで回答をくれる業者もあるでしょう。

電話には出れるようにしておくことが大切です。

 

一括見積りの手続き後は引っ越しし準備!

日数がないので、梱包も急ぐ必要があります。

また、手続きなども色々あります。

郵便局や水道・ガス・電気、転出届など引っ越しし前にやってしまわなければいけない事を手早く済ませる必要もあります。

部屋の解約するタイミング次第では、それらは後回しに出来るものもあるでしょうが、基本的には済ませてしまいたいですね。