今はスマートエントリーなどがあるので、車に使う鍵と言っても本当に色々です。
ただ、総じて言えるのが破損している場合は、マイナス査定されてしまいます。
もちろん、多少の傷など通常仕様に範囲内であれば、問題ありません。
査定にマイナスになると言っても、カバー部が割れているなどの話であって、エンジンが掛からないと言うのでなければそのままが良いです。
カバーを交換するのもお金がかかります。
車種によってはできないものもありますので。
ちなみに、スマートエントリーキーの鍵の開け閉めのボタンが効かないだけで、エンジンの始動には問題ない場合ですが、直すとなると万単位でお金がかかります。
新車で買われたのであれば、説明を受けているかもしれませんが、本キーもスペアも紛失してエンジンが掛けられなくなった場合、ディーラーで鍵を作るのに20~30万円かかります。
鍵は無くしてない場合で、スペアキー作成でも1万円以上かかります。
ディーラーでは、ボタンだけ直すのは不可でしょうから、スペアキー作成になり2万程度見といたほうが良いでしょうね。

スペアキーがなくても大丈夫?

新車で車を購入すると、必ずスペアキーは付いてきます。
中古車の場合は、ある時と無い時がありますね。
実際、あるにこ越したことないですが、なくてもマイナスの査定にはなりません。
業者によっては、難癖をつけるところもあるようですが(できるだけ安く買い取るために)、そういう業者は基本的にお断りする方向で考えましょう。
もちろん、査定額は出してもらって、他社と比較するのは大切です。
もしかしたら、それで査定額が下がっていても他社より高額な査定かもしれません。

スターターのリモコンが破損しているのは?

直接的に車の鍵とは言えないですが、車のエンジンを掛けることが出来るエンジンスターター。
エンジンスターターが付いていると言う査定にしてもらうには、もちろんリモコンは完動品の必要があります。
こちらも、リモコンだけを取り寄せることも出来るのですが、新品のエンジンスターターを付けてもお釣りが来るぐらいの費用がかかります。
リモコンが壊れていて、すでにエンジンスターターを使っていないのであれば、スターターを取り外した状態で査定を受けたほうが良いこともあります。
査定業者によっては、壊れた機器がついていると、査定で減点するところがあります。
もちろん、そのままでも査定はしてもらえます。
カーショップにお願いして取り外してもらうぐらいであれば、そのまま査定を受けましょう。