車の買取業者の買取価格は、中古車のオークションの価格と連動しています。
オークションで高値がつく車ほど、高く買い取ってもらえるのです。
では、オークションで値段が上がる時期とはいつなのでしょうか?
 

車の需要を考える

車には売れる時期と売れない時期があります。
どういう時に車がほしいとなるでしょうか?
 

3月・4月の卒業・入学・入社シーズン

卒業までに免許を取っておいて、卒業と同時に車を購入する人も多い時期です。
また、免許取りたてでいきなり新車に乗る人は少ないですから、中古車の需要がとてもある時期です。
また、ゴールデンウィーク間近で、出かける事を考えてこの時期に車を入れ替える人も多いのです。
そのため、需要期の直前1月と2月は買取業者も積極的に買取を行います。
 

季節による需要

車種によっては、季節的に売れやすい車種があります。
例えば冬です。
冬道は4WDが圧倒的に人気があります。
春や夏にかけてはアウトドアに便利な、ワゴン車やミニバンが人気が出ます。
そういった時期のほうが、該当車種は高値で売れやすくなります。
 

夏のボーナスシーズン

基本的にボーナス時期は車に限らず、消費が活発になる時期です。
お盆の連休もあるので、それに向けてという人も多いのです。
そのために、夏のボーナスで車を購入する人も多く、ボーナス前は買取市場も活発です。
 

年末(12月)は避ける

夏のボーナスでは車を買う人がいるのに、冬はなぜ?と思うかもしれません。
年末が安くなるのは、年をまたぐと年式が1年下がるからです。
12月に買い取っても、実際に販売するときの事を考えると、1年の違いは意外と大きく、買取査定では10万程度査定額が下がることが多い時期です。
 

人気車種はお構いなし!

基本的に、売るタイミングの人気車種は、年中変わらず高値の査定が期待できます。
買い取ってもすぐに捌けるなら、買取業者もリスクが少なく多少高く買い取っても利益を出せるのです。
 

高額査定の基本は複数の業者に査定に出すこと!

タイミング的に高値が期待できない時期でも、複数の業者に当たれば、それなりに高値の査定を出してくる所もあるものです。
車の買取で手放すことを考えて見るなら、まずは無料査定で複数社にあたって、自分の車の正しい価値を知ることが大切です。
基本的に、査定は遅くなっていくほど下がります。
高く買い取ってもらう時期について色々書きましたが、基本的には売ろうと思った時が売りどきとも言えるのです。