13年目にこだわるわけ

ガソリン車の場合は13年で、ディーゼル車の場合は10年で、毎年払っている車税が上がります。
車税というのは、車を所有制ている限り、毎年払う必要がある税金です。
この税金が15%引き上げられます。
元の金額に上記の割合を掛けるので、排気量が大きな車ほど負担が大きくなります。
それが、ディーゼル車だと10年です。
ちなみに、新車登録時からなので、中古車で購入した車の場合は購入からでは無いので、注意しましょう。
 

故障の心配も出てくる

日本の車は丈夫だと、諸外国では有名です。
なので、そうそう壊れるものではありませんが、13年も経過していると、色々なところにガタが出始めます。
普段からメンテナンスを怠っていなかったとしても、パッキン類を始め13年間車の振動を受け続けているわけです。
経年劣化は避けられません。
 
車の修理は10万・20万掛かることも珍しくありません。
そうなる前に、買い換えておいたほうが安心というのも13年の買い替えをおすすめする理由の一つです。
 

新しい車には税金面でのメリットも!

買い換える車次第ですが、エコカー減税というものもあります。
基準燃費を達成していれば、税金面での優遇措置があります。
燃費も改善されれば、ガソリン税などを払う金額も減るでしょう。
 
また、タイヤやワイパーは消耗品ですが、当然新品がついてくるわけです。
今の車が、新品をつけたばかりと言うのでは、ちょっともったいないですが、そろそろ替える予定があるのであれば、その費用もかからなくなります。
 

入れ替えるなら今の車の処分方法も大事

13年経過した車だとディーラーの下取りでは、まず値段がつくことはないです。
逆に、廃車にするための諸経費をとられる可能性も十分にあります。
車を買うんだから、廃車諸経費なんて取るなよ!って思うでしょうが、なかなか融通がきかなかったりします。
また、下取りできるか査定してもらうだけで、査定料をとられることも!
 
なので、はじめからディーラーの下取りは当てにしないで、買取店に買い取って貰う方法で考えたほうが早いです。
買取店の査定は、基本的にどこも無料でやってくれます。
買取業者で値段が付けば、当然廃車の諸経費もかかりませんし、査定料もかかりません。
それだけで、かなり負担が変わってきます。
まずは、少しでも高額の査定をしてくれる、買取業者を見つけましょう。