車を自分の希望に近い金額で売却するならネットオークションを使うという手もあります。
しかし、基本的に個人売買の世界ですから、予想もしないトラブルになってしまうリスクが有ります。
ネットオークションで他人に車を買い取ってもらう時の注意点などをまとめてみました。

金銭面でのトラブル

他のオークションに比べ車体のオークションは高額になります。
一般的にオークションは、先払いが多いかと思います。
車の場合は金額も大きく、振り込む方も先に振り込むのは躊躇するでしょう。
一番安心なのが、車とお金を同時にというのが安心です。
どのみち車は引き取ってもらわなくてはいけませんから、キーを直接渡す必要があります。

手続き上のトラブル

車は「はい、どうぞ」と渡せるほど簡単ではありません。
かならず、書類上の手続きが必要になります。
名義変更や車庫証明としっかりと手続きをしましょう。
売る相手もこのあたりのことがしっかり理解できている人でないと、後々トラブルになる可能性もあります。
希望の価格もあると思いますが、相手の理解具合もしっかりと見ておきましょう。

車体の故障などのトラブル

基本的には現状引き渡しになりますが、後々クレームが入る可能性もあります。
落札者には、しっかりと現状を説明するようにしましょう。
自分が不具合と思っていなくても、相手にとっては不具合ということもありえます。
どんな些細な事でも伝えておくほうがお互いに安心です。
そして、現車確認はしっかりしてもらい、試乗もしてもらうのが良いと思います。
引き渡しの段階で、問題なく走れることは確認しましょう。
現状引き渡しと言う条件は、きちんと書面で残すほうが安心ですね。

まとめ

売る側も買う側も納得の価格でやりとりできるのがオークションの良いところです。
ただ、上記のようなトラブルの話は結構聞く話です。
特別な理由がないのであれば、業者に任せるほうが安心なのは間違いないですよ。