基本的に、ローンが残っている状態の車は自分の車ではありません。
車検証を見ると、所有者と使用者の欄があって、所有者はローン会社や車の販売店になっていると思います。
「知らなかった!」と言う人は、一度車検証を見てみましょう!
ちなみに、ローンが払い終わっていても手続きをしないと、所有者は自分になりません。
なので、ローンを組んだ人はほぼ所有者が自分ではないはずです。
 

ローンが残っている車は買取してもらえるか?

結論から言ってしまえば、買い取ってもらうことは出来ます。
ただ、買い取った側も手続きが必要になったりするので、そういう車の買取に対応しているところに買い取って貰う必要があります。
対応しているのは大手が多いです。
まずは、査定時に残債があることをしっかり伝えて、対応できるかどうかを確認しましょう
 
買い取ってもらうときはどうなる?
ローンが残っている車を売却する方法はいくつかあります。

一括返済

まずひとつに、残債ありの車の買取に対応していないところにも使える方法ですが、一括でローンを返済してしまう方法です。
完済後は、なにも気にすることなく、どの買取業者とも取引できます。
 

一括返済は難しい場合

ローンを残したまま買い取って貰う場合は、買取額に応じて、2パターンあります。
まずは、買取額で返済を済ませてしまうパターンです。
残債50万で買取額が100万なら、こちらは50万を受け取って残りを残債に充てます。
 
上記のように査定額が残債額を上回れば良いですが、残債額に満たなかった場合がパターン2です。
その場合は、買取額は全額返済に回して、足りない分を手持ちから出すことになります。
 
上記のようなパターンを使えば、残債が残っている場合でも買い取ってもらうことが出来ます。
ただ、手数料がかかる可能性もありますので、その辺りについては十分に確認しましょう!
 

条件を良くするためにも高値で買い取ってもらおう!

査定額が残債に満たなかった時は、買い取ってもらったというより、お金を払って車を手放したような気持ちになります。
少しでも高いところに買い取ってもらうために、かならず複数業者に査定を依頼しましょう。
 
車を入れ替える場合ですが、下取りとして購入先に出して、足りない分は購入する車のローンに組み込むと言う方法もあります。
購入先に相談してみると良いでしょう。