よほどコテコテしたパーツ(ダウンサスや社外マフラー)でなければ、査定に大きく響くことはありません。
ただ、買い取った車を誰にでも売れるということを考えると、どのパーツも純正品のほうが良い場合も多いです。
なので、査定するときには純正品に取り替えるか、純正パーツがあることも伝えましょう。
ただし、純正パーツは綺麗な状態で保管されていることが大切です。
野ざらしや、ホコリだらけなど汚い状態での保管は避けましょう。

どちらでも変わらない可能性が高いものもある

社外品でも純正品でも、評価が特に変わらない可能性が高いものもあります。
それがオーディオ関係です。
カーステレオやナビは付いていれば、プラスに査定されることはあります。
メーカーや機種が評価されることは、早々無いです。
なので、特別純正品を付けることに拘る必要は無いでしょう。
別のページ(車の査定時には付属品もしっかり用意しよう

  • 車のキーが破損してても大丈夫?査定に影響ある?
  • 社外エアロの査定評価は?高くなる?それとも低くなる?
  • 車の買取査定はスタッドレスタイヤのほうが有利?
  • 車の査定ではデッドニングは元に戻す必要がある?