車を手放す場合、下取りと買取という方法があります。
どちらのほうがより高額で、手放せるでしょうか。
その金額の違いはどこから来るのでしょうか?

下取りの価格の決め方

下取りは、価格表に基づいて決められます。
車種や年式・走行距離を当てはめると、価格が出てくるのです。
その価格を元に、車体の状態などに応じて、査定額が決定します。
従って、下取り価格というのは、どこで行っても似たような金額が出てきます。
 
車を買ってもらうために、ある程度下取り価格を高くするというのはありえるかもしれません。
下取り価格を上げるのか、車体価格を値引きするのかは、ディーラー&営業マン次第ということになります。

買取の価格の決め方

買取業者も、ある程度基準となる価格は持っています。
その価格から、車体の状況などを判断する所はディーラー下取りと一緒です。
それにくわえて、買い取った車をどのぐらいで売却できるかを加味して査定が決まります。
高値で販売出来ると、判断できる場合はその分査定額にプラスされるのです。
その後の売却のことも有り、買取業者によって査定額に差が出ることも多いです。

高値で車を手放すなら買取業者

上記の査定の考え方の違いにより、高値で手放すなら買取業者になります。
インチアップやローダウン、ナビの有無などオプションでも差が出やすいのが買取業者です。
買取業者は多数あって、買い取った車を売却する先も様々です。
売却先にその車をほしいというところがあれば、高値が出やすいです。
そのため、買取業者にお願いするなら複数の会社に査定をお願いするのが大切です。
より良い条件で買い取ってもらうためには、条件の良い買取業者を探す手間は必要ですね。
一時の手間で、何万も差が出るのであれば、十分にそのための時間を作る価値は有りますよ!