車の入れ替えで愛車を手放すときには、下取りして貰う方法と買取業者に買い取ってもらう方法があります。
お得に少しでも高く手放すにはどちらが良いのでしょうか?
下取りと買取についていろいろ調べてみました!
point
 

下取りに出す場合

下取りするのであれば、車を購入する所で査定を受ける事になります。
金額が提示されますが、それが妥当かどうなのかは判断に困るものです。
また、車を買ってもらうために頑張る営業の方もいらっしゃると思いますが、査定を受けた段階で、そのまま下取りとなるパターンも多く、ライバルが居ないために金額が安くなりがちです。
 

買取業者の場合は?

買取業者もその店舗に行って査定をしてもらえば、下取りと状況はあまりかわりません。
ただ、車入れ替えと言うのは買取業者もわかるでしょうから、車の販売店はライバルになります。
そう考えると、下取りに出すよりは高値をつけてもらえる可能性が高いです。
 

その査定額は妥当なの?

さて、どちらにしても提示された査定額が妥当かどうかを判断する必要が出てきます。
そんな時に、役に立つサイトが有ります。

上のバナーのサイトは、車種や年式・走行距離や装備品などを選んで、簡易見積りが出来るサイトです。
ポイントは、出てきた金額で納得できれば、手続きをそのままできるのでとても便利です。
それにそのサイトで今は売却しなくても、下取りや買取業者に査定をしてもらうにしても、査定額の基準にすることが出来ます。
さらに高値で買い取って欲しいとお考えなら、もっとも高値が期待できるのが、一括査定サイトで、複数の業者にまとめて簡易査定を受ける方法です。
上で紹介した3つの方法は基本的に、どれもライバルが居なかったり少ない状況です。
やっぱり、競争原理が働かないとなかなか本気を出してもらえません。
一括査定なら、査定を受けるまでの手間は1度で、複数の業者に競争させることが出来ます。
買取業者は、この査定は一括サイトを使ったとわかりますからね。
申し込みをして、連絡をもらってなので多少時間がかかるのがネックではありますが、時間があるなら十分に利用価値が有ります。
このように、車を売却するにしても、下取りや買取などいろいろな方法があります。
手間などは、方法によって変わってきますが、印象としてはやはり手間を惜しまないほうが高く売却することが出来るようです。