衣装ケースの中身は基本的にそのままでOK!

tansu普段から衣装ケースを使って衣類を整理しているのであれば、基本的にそのまま引っ越しで持って行ってもらえます。

ポイントとしては、持ち上げた時に中身が出ないようにテープなどで固定することです。

ガッチリ固定する必要はなく、長手方向の真ん中上部をガムテープで止めておけば、簡単には取れないのでOKです。

 

ガムテープをキレイに剥がせない可能性があるので、気になるならビニール紐で開く方向を縛ってしまうのも良いですね。

ただ、中身によっては注意が必要なこともあります。

 

しまっているもの次第でダンボールに移し替えも

衣装ケースは、衣類をしまう以外にも便利な使い方がたくさんあります。

たとえば、本とかをしまっている人も多いですよね。

本というのは結構重量があり、ダンボールに移し替える必要がある可能性があります。

 

理由は、衣装ケースを持ち上げた時に底が抜ける可能性があるからです。

引っ越し業者としては、お客様のものを壊すわけにも行きませんから、運びたがらないのです。

その時は、諦めてダンボールに移し替えることにしましょう。

 

また、同じような理由で、割れてたりして強度が弱くなっている衣装ケースも、中身をダンボールに移し替える必要があります。

いざ、引っ越しの時に移し替えるのは時間のロスですので、気になるものははじめからダンボールに移し替えておくのがおすすめです。

 

ダンボールに移し替える時のコツは?

ダンボールに移し替える時には、衣装ケースに入っていたものを1つのダンボールにしまうようにします。

そうすれば、引っ越しし先でダンボールを開けて戻すだけなので、それほど手間はかかりません。

これが、複数の衣装ケースや、他の荷物と一緒になっていると、それを分ける作業もしなくてはいけなくなり、片付けが面倒になってしまいます。

ダンボールの数が多少増えても、1つのダンボールには1つの衣装ケースの中身という風にしておきましょう。