引っ越しし料金を安くするには、業者に運んでもらう荷物を少なくすることも1つの手です。

それと、引っ越しし料金自体の値引きの交渉が大切ですね。

どのように値引きをしてもらったら良いのでしょうか?

nayamu

 

まずは見積りを取る

値引き交渉するにしても、基本の引っ越しし費用がわからないことには、交渉のしようもないです。
まずは、引っ越しし業者に見積りを取りましょう。
その際に、複数の会社から見積りをもらっておくのがポイントです。

一括見積が出来るサイトがあるので、そういうサイトを使うのがはじめは有利です。
こちらの手間が1度で住むのと、そういうサイトから来た見積りというのは引っ越しし業者にもわかります。
なので、電話帳で調べて1社づつ見積りを取るより、ライバル会社を意識します。

引っ越しし業者を絞る

一括見積もりサイトを使うと複数の業者から見積もりが取れます。
ただ、すべての業者と価格交渉をするのは大変です。
ここで、安い順や気になる会社などで数社社程度(5社ぐらいがおすすめ)に絞りましょう。

訪問見積もりや電話見積りをしてもらう

引っ越しし業者を絞ったら、その業者に最終的な見積りをしてもらうことになります。
その際に値引き交渉をしていくのですが、単に安くしてほしいと伝えてもなかなか難しいので幾つかポイントをあげます。

  • 一括見積のサイトを利用しているので、他社の見積りも取っていることをしっかり伝える
  • 一番安かった業者を利用することを伝える
  • 引っ越し予定の前後の日で安い日が無いかを聞いてみる(引っ越しの日が前後可能な場合)
  • 今見積もりしてもらっている業者より前の業者が安ければ、そちらのほうが安かったことを伝える

上記のポイントを参考に、値引き交渉してみてください。
見積りに来た人の、対応も後々引っ越しし業者を決めるポイントになるので、いろいろ話してみるのが大切ですよ。

引っ越しし業者を決めて契約

絞ったすべての業者に見積りを出してもらったら、金額や対応などトータルで、ここにお願いしたい!と言う業者と契約しましょう。
引っ越しの際は、作業員の方が来るので、対応が見積りに来た人と同じとは限りませんが、やはり窓口がしっかり対応していない業者だと、なにかあった時に困るので金額だけで決めないでしっかりトータルで考えることが大切です。