引っ越し業者に頼むときには、最初に見積りを取ります。

普通はそこから追加料金が掛かるようなことは無いのですが、場合によってはそれがありえます。

後から追加料金が発生するのはどのような場合なのでしょうか?

odoroki

 

追加料金が発生するのはこんな時!

引っ越しの際に追加料金が掛かるのは、だいたい搬入の時です。

見積りは、引っ越しし前の場所で行われるのが普通です。

引っ越しし先の様子は、依頼主から聞いた範囲での想像になります。

 

例えば実際に引っ越しし先に行ってみて、予想よりも玄関が小さい・狭いなどが起こりえます。

その時、搬入するために別の機材が必要になったり、人員が必要になると追加料金が発生するのです。

追加料金自体は、約款での認められている部分ですので、そのような時は追加料金には応じる必要が出てきます。

 

ただ、勝手に追加料金がかかる作業をすることはありません。

きちんと、作業前には説明があり、その作業の許可を求められるでしょう。

荷物を積んで、引っ越しし先に行ってから言われても、正直OKするしか無いことが多いとは思いますが。

 

追加料金が掛かる自体にならないために!

そのためには、最初に見積もり時にどれだけ正確に引っ越しし先の情報を伝えれるかによります。

引っ越しし先が1Fの場合は、窓も有りますからそこまで問題になることはありません。

しかし、2Fや3F以上になってくると話は変わってきます。

窓からの搬入をするためには、特殊な機材が必要だったりするわけです。

 

また、エレベーターの有無など、出来る限り正確に伝えるようにしましょう。

引っ越しし先が、すぐそばまで車が入れるかも重要です。

 

本来であれば、引っ越しし先も見てもらえれば良いのでしょうが、近場ならともかく遠方への引っ越しだとそれも難しいです。

相手は引っ越しのプロですから、ある程度は状況を把握してくれるでしょうが、間違った情報を伝えるとそれも難しいですよね。

 

上記以外の注意点

見積りの金額が、どういう計算をしているかということは注意しましょう。

中には、時間単位で料金を見積もりする業者が有ります。

その場合、見積もりした時間より多く掛かった場合、その分の請求をされます。

実際の引っ越しに来た人の能力にも左右されますので、こういう業者は避けておいたほうが無難でしょう。

 

また、見積りをした後に、新居で使う家電を買って荷物を増やしてしまうのはよくありません。

小さなものなら作業にもさほど支障はきたさないでしょうが、大型家電などは追加料金が発生する可能性があります。