引っ越し業者に心づけを渡す必要があるのか悩む人は多いようです。

ちなみに、心づけや差し入れをした人は50%と言うアンケートもあります。

実際はどうするのが良いのでしょうか?

coin

 

心づけとはそもそもどういうもの?

心づけというのは、本来ありがとうの気持ちをお金と言う形で表したものです。

引っ越し業者の場合は、確かにありがとうという気持ちもあるでしょうが、作業量は払っています。

なので、一般的には渡しても渡さなくてもどちらでも構わないそうです。

 

渡すとしたらそのタイミングは?

これはズバリ作業を始める前です!

理由は、そのほうが作業に身が入るし、作業自体も丁寧になります。

そして、コミュニケーションを取るきっかけにもなります。

 

引っ越しの作業は、基本的に業者にお任せとはいっても、細かい指示が必要な場合があります。

そういう時のために、コミュニケーションを取りやすくしておくのは悪くありません。

 

金額の相場はどのぐらい?

心づけの相場は、500円~1000円ぐらいが多いようです。

多すぎず少なすぎずを心がけたいですね。

心づけは作業員の人数を予め確認して降りて、ぽち袋に一人分ずつに分けておきます。

渡すときは、代表の人にまとめて渡しましょう。

その時に、「今日はお願いします。」や「お茶代にしてください」などと、一声添えるのが良いでしょう。

 

差し入れでもOK!

気持ちを表すのが心づけですから、飲み物などの差し入れでも良いでしょう。

その場合も、休憩時間に渡し忘れ無いように、先に渡しておいたほうが無難です。

もちろん、コミュニケーションのきっかけも兼ねてです。

 

上記でも書いていますが、それらはあくまで渡す場合の話です。

渡さなくてはダメと言うことをではありません。

相手も仕事ですから、渡さないから手を抜かれると言うことはありませんよ。