車の残債がある場合の買い替え方法は3つ!

車のローンが残っている場合に、車を買い換えたとなった時に取れる方法は3つあります。

  • 残債を現金で一括返済
  • 新しい車のローンに上乗せで組み込む
  • 今の車と新しい車のローンを2つ払う

この3つが考えられる方法です。

 

一番簡単なのが一括返済

一括で払えれるのであれば、これが一番確実で早いです。

ただ、一括で払えるのであれば、それほど悩む人も少ないと思います。

 

なので、今乗っている車を売って、それで残債を払うという方法もあります。

完全に払いきるためには、残債よりも買い取ってもらう金額のほうが多い必要があります。

足りない場合は、買取金額に追金をすることで、一括で返済することも可能です。

 

新しい車のローンに今の車のローンを上乗せ

新しい車のローンに、今の残債を上乗せしてしまう方法もあります。

ただし、ローン会社で認めているところでしか、ローンを組むことは出来ません。

また、認めていたとしても、いくらでも大丈夫というわけではなく、信販会社によって基準があります。

 

基準の一例ですが、今回買う車の金額の何%までの様な上限を設けている場合もあります。

なので、新しい車を購入するディーラーや車屋に相談するか、使いたいローン会社があればそこに直接確認してみるのが良いでしょう。

 

今のローンと新しい車のローンを2つ払う

この方法を使うには、ひとつ問題があります。

今の車のローンがそのまま残るということです。

何が問題になるかというと、ローンを残したままでは、今の車を手放せないかもしれなからです!

 

それはなぜなのでしょうか?

車検証を見て欲しいのですが、車の所有者は誰になっていますか?

ローンを組むと、ローン会社か車の販売店になっていることがあります。

所有者があなたになっていれば、車をローンが残ったままでも売却できるのですが、所有者が違った場合は勝手に売ることが出来ないのです。

 

所有者についてですが、ローンを組むと必ず所有者があなたにならないわけではありません。

しかし、基本的にはこちらがどうしてくれといえるものでもないのです。

所有者を誰にするかは、ローンをお願いした会社しだいです。

ローンの金額や、あなたの支払いに対する信用(勤務年数や収入など)によっては、所有者をあなたにすることもあります。

 

所有者があなたであれば、今の車を下取りに出すのも買い取りに出すのもあなたの自由です。

もちろん、売った後もローンを支払い続ける必要はありますが、それが問題なければローンが残っている状態でも、乗り換えることが出来ます。

 

今の車は再考の状態で手放そう!

どの方法を選ぶにしても、負担は最小限に留めたいです。

そのために出来ることといえば、購入する車を安くするか、今の車を少しでも高く手放すしかありません。

 

車を安く買う!

車を安く買うなら、中古車にするか新車でもコンパクトカーなどの安い車を選ぶという方法があります。

また、欲しい車を可能な限り値切って購入する方法もありますね。

ライフスタイルによっては、コンパクトカーは厳しいという人も居るでしょう。

その場合は、必要な車を中古車で購入するか、各メーカーの同じコンセプトの競合車種同士で競わせるなどして、可能な限り値引きを引き出しましょう!

 

今の車を高額で売却!

どのような形で車を入れ替えるにしても、今の車を最も高値で手放せれれば、次の車への負担は減りますよね。

ディーラー等の車を購入する先への下取りが楽ですが、一手間かけることで、場合によっては何十万もの差が生まれます。

 

やはり、車を販売しているところよりは、買取を専門にしているところのほうが、圧倒的にあなたの愛車の価値を高く評価してくれます。

買取専門の業者と言っても多数あります。

その中でも査定額というのは大きく差がつきます。

面倒かもしれませんが、複数の買取業者に査定をお願いしてみると良いでしょう。

 

インターネットを使えば、簡単に無料出張査定の申し込みができます。

少しでも負担を減らすために、高く買い取ってくれる業者を見つけましょう!