希望車種はあっても相見積もりを!

自動車メーカーはトヨタや日産を始め色々あります。
すでに欲しい車が決まっているかもしれませんが、他のメーカーもよく見てみましょう。
同じような車がありませんか?
同じような用途(ファミリー向け・コンパクトカーなど)の車があることが大切なので、他のメーカーの車にしましょうと言うわけではないので、ご安心を!
 
本命の前に、他のメーカーの同じような用途の車の見積もりをもらいましょう。
その見積りも持って、本命のメーカーにいくのです。
この時、比較するために他のメーカーの見積りをとる車種は、同じ用途で、同じ価格帯であることが大切です。
例えばトヨタで言えば、ヴォクシーとエスティマとアルファードは同じワンボックスカーで、どれもファミリー向けと言えますが、価格帯が別々なので比較するのは難しい所です。
ただ、安い車の上の方のグレードと、高い車の下のグレードであれば、比較できる可能性はあります。
 
ちなみに、他のメーカーと言うのは、トヨタでもカローラやネッツなどありますが、それも他のメーカー扱いです。
また、同じメーカーでも、近場で2箇所など複数ある場合は、見積りをもらいましょう。
 

見積もりをもらってどうする?

同じメーカーが複数あるのであれば、単純に見積り比較できます。
より値引きしてくれる店舗で購入すれば安く済みますよね。
 
さて、同じメーカーが複数無い場合は、競合車種同士で戦わせます。
最後に本命のメーカーにすべての見積りを持って行きます。
その際に、本命が一番安い見積りであれば、よその見積りは使いませんが、他所の対抗車種のほうが安かったのであれば、ズバリそれを見せて、この車種とどっちにしようか悩んでいるがもう少し値段を合わせてもらえれば買うようなことを言いましょう。
後は、営業マンの裁量にもよりますが、値引き対応してくれる可能性もありますし、オプションをサービスしてくれるかもしれません。
 
本命が一番安かったのであれば、もう少し安くしてもらえないか交渉してみましょう。
車の値引き交渉は珍しい話ではありません。
とりあえずでも言ってみたほうが良いですよ。
値引きが無理でも、オプションならサービスしてもらえるかもしれません。
 

今回が買い替えの購入なら

新規で車を購入するのではなく、今乗っている車があるのであれば、その車の処分方法も大切です。
ディーラーで見積りを取る際には、今の車を下取りと言う形で話をしていると思います。
この時ですが、下取り額は別に考えて購入する車の見積りを取りましょう。
何故かと言うと、下取り額を下げて本体から値引きするようにする営業マンもいるからです。
下取り額よりも、割引額のほうが気にするひとが多いので、そのほうが買ってもらえるからなんでしょうね。
見積もりをもらうときは、下取りは無しという条件と下取りありの場合の2枚もらうのが賢いです。
そうしておけば、下取りがどこが高いかも一目瞭然です。
 
ただ、下取り額を調べたうえで、さらにやってみてほしいことがあります。
CMでもおなじみですが、車の買い取り専門店へ査定に出してみてください。
車の状態にもよりますが、ちょっとびっくりすると思いますよ!
ディーラーは基本的に車を販売する側ですが、買い取り業者は車を買い取るのが仕事です。
そもそも、下取りに出すほうが手間がかからいのは間違いありません。
手間がかかるうえに、買い取り金額が下取りに負けていたら勝負になりません。
 
少しでも、今の愛車を高く買い取ってくれる業者を見つけれれば、新車購入の資金にできます。
新車本体の値引きをしてもらうのも大切ですが、今の車に最大限の価値を付けてくれる業者を見つけるのも同じぐらい大切ですよ。