残価設定ローンの仕組みは?

残価設定ローンとは、設定した期間後の車の価値を引いた金額でローンを組むという仕組みです。
 
例えば、総額300万車を、残価設定5年(60回払)で組んだとします。
5年後の下取り評価額を設定しておいて(評価額はディーラーで決められています)、その金額を引いいた分で5年ローンを組むのです。
評価額が60万だとすると、240万を5年払いです。
 
5年払い終わった後は、その評価額を一括で支払うか、再度分割で支払うことが出来ます。
また、その時点で車を返せば、こちらは支払いありません。
ただし、条件があるのは注意が必要です。
 

残価設定ローンの注意点

残価設定ローンは、月の支払いを少なくしたい場合には、大変有効です。
ただ、注意点があるので、利用する場合はちょっと気をつけておいたほうが良いでしょう。
 
今回の例だと5年間のローンですが、その間の上限の走行距離が決まっています。
年間12000キロが基準で計算するので、5年だと60000キロまでが上限です。(基準はメーカーや契約プランによってかわります)
超えた分については、契約にもよりますが1キロ何円という風に、契約終了時に精算が必要になります。
 
また、事故などによる傷や修復も一般的に大きく査定額が下がる要因ですよね。
残価設定ローンでも同じで、結局のところ契約が終わる時に、車の査定をしてもらいます。
そして、大きな減点が無いかチェックしてもらうのです。
査定額が当初設定しているよりも低かった場合は、その分精算が必要になります。
 

残価設定ローンのメリット

注意点等を先に書いたので、使わないほうが良いのか?と思ったかもしれませんね。
もちろん、メリットもきちんと有ります。
なんといっても、月の支払いを少なくしたい場合には、とても有効な支払い方法です。
 
また、ローン終了時の査定額は保証されています。
人気などによって左右されやすい査定額ですが、その点ではすごく安心できます。
 

乗り換えならさらに残価設定ローンの支払を少なく出来る

残価設定ローンは頭金を入れることももちろん出来ます。
乗り換えであれば、今の車を下取りに出せば、その分少ない金額を残価設定すれば良いので、さらに毎月の支払を少なくすることが出来ます。
普通は、こちらから特に指示を出さなければ、上記のように下取りしてその分金額を引いてくれるでしょう。
 
しかし、下取りよりももっと高く今の車を引き取ってもらえれば、さらに支払いを圧縮できますよね。
一般的に下取りよりも買取専門店に買い取ってもらうほうが、車の価値を高く評価してもらえます。
多少手間は増えますが、ここを手を抜かなければ、さらに支払いを安く出来るのです。
なので、下取りの金額は出してもらってもいいですが、少しでも高く買い取ってもらえる買取店を探してみましょう。
手間と言っても、一括査定で査定をすれば、それほど手間がかかるものではありません。
査定も基本的に無料で出張査定してくれますので、それに申し込むほうが簡単でしょう。