査定時に洗車する人を見かけますが、実際にそれで査定額が変わるのでしょうか?
また、掃除機などの内装の掃除もしたほうが良いのでしょうか?
この辺りを疑問にもつ人は結構居るようです。
 
自分が査定する側になってみたとして、どうでしょうか?
やっぱり、綺麗な車のほうが良いですよね!
査定するのは人間なので、印象がずいぶん変わります。
必ずしも査定アップにはつながらない部分ですが、印象を良くするためにも洗車や室内清掃は行ったほうが良いです。
 
逆に、そのままにするべきなのは、車の傷やヘコミです。
これは、素人の私達が下手に手を出すのは辞めましょう。
逆に目立つ場合もあり、査定時にマイナスの評価になります。
 
もちろん、板金などの修理に出すのもやめておいたほうが良いです。
確かに査定は上がるでしょうが、修理代金を回収できるほど査定額に差は出ません。
あくまで現状で査定を受けるほうが良いです。
 
ちょっと話が脱線しましたが、洗車もしたほうが良いとはいえ、あまりお金を掛ける必要はありません。
普通に洗車して、きちんと拭き上げをしましょう。
室内清掃は、掃除機をかけ雑巾がけをします。
ニオイが気になるのであれば、カーショップで販売している消臭剤などを使うと良いです。
 
小キズなどは、少し汚れているぐらいが目立たないという意見もあります。
ただ、それは査定している人の目を誤魔化しているだけです。
それに、ある程度キレイにしていない状態の車は、車を大切にしていないと見られ、査定の目が厳し目になるという話もあります。
例えば、オイル交換してないんじゃないのか?やタバコの焦げがあるんじゃないのかと入念にチェックされちゃうみたいな感じです。
 
最初の方でも言いましたが、査定するのは人間なので、心情を大切にしたいですね。