タイミングでやっぱり引っ越しし費用は違う!

引っ越しし業者に引っ越しを依頼する場合、やすいタイミングというのが存在します。
引っ越しをするタイミングに、ある程度自由が効くのであれば、安いタイミングで引っ越しをするのが、費用を安く抑えるコツです。

point

安い月と高い月はいつ?

世の中引っ越しが最も多くなるが2月から4月です。
進学や就職・転勤など、人が多く移動する時期ですね。
また、転勤については秋ごろ9月や10月も多くなります。

その時期は、引っ越しし業者も忙しく、見積りを取ってみても強気の見積りが出てくることが多いです。
ただ、上記の理由にて引っ越しをする場合は、時期をづらす事もできません。
この場合は、他の方法で安く出来ないか試しましょう。
それについては、また下で書きます。

引っ越しの時期をその月以外に出来るのであれば、引っ越し業者の繁忙期以外に引っ越しをすることを考えましょう。
仕事が減っているタイミングであれば、業者も仕事が欲しいですから、ある程度の値下げにも応じてくれやすくなります。

曜日で費用は変わる?

次に1週間の中でですが、これもタイミングが有ります。
仕事の休みに合わせて引っ越しをする人が多いですから、週末の土・日と祝日は料金が高くなりがちです。
有給など使って平日に引っ越しする予定を組めたほうが、引っ越しし費用の節約になります。

六曜によっても金額は変わる!

日本人は何かと縁起を担ぎたい物です。
当然、引っ越しのような人生にそうなんども経験しない大きな行事は、大安などに行いたい人が多いです。
なので、大安の引っ越しは料金が高いのです。

従って、逆の仏滅などはあえて選ぶ人も少なく、むしろ避ける傾向にあります。
そのため、仏滅の引っ越ししの方が、料金を安くしてもらえる可能性が高いのです。

一番安く引っ越しをしたいのであれば

まとめると、1月・5~8月・11月の平日の仏滅の日というのが、一番安くできる可能性が高いと言えます。

また、そういう日を早めに設定して、複数の業者に見積りを取ってみることも大事です。
引っ越しが近くなってからだと、しっかりとした交渉をする時間もなくなり、思ったより高く付いた!ということにもなりかねません。