海山が登場してから、ずっとこの話は続いています。

「海山と麒麟ってどっちが強い?」

海山のスキル変更がされてからは、さらにそういう話を聞きますよね。

 

実際に、どっちが使いやすいと思いますか?

麒麟は、光属性でプチギガグラがスキルです。

そして、光・火・水・木の4属性でエキドナが無理なく使えます。

 

もう一つの利点は、一般的にテンプレと言われているパーティが組みやすいんです。

ヴァルにエキドナ、ふわふわ(エンジェリオン)、ヘラ・イースがサブです。

ガチャでなくては手に入らないのはふわふわぐらいです。

 

麒麟さえ手に入るのであれば、課金を余りしない人にとってはとっても優しいモンスターです。

さらに、強い!

ただ、なかなか手に入らないです。

これは、海山も一緒か。

 

対して海山は、パーティが自由とは言われていますが、誰でも良いかというと微妙なところがあります。

基本的には、アークハーデスを持っていれば、他は自由です。

水に染めるのであれば、イズイズとイースとジークフリードとかですかね。

 

これなら、エンハンスもギガグラも入っているので、強いですよ!

ただ、威嚇が無いのが辛い時もあります。

 

海山自体がドロップ変換で水と木を作ることができるのもポイント高いです。

やっぱり色指定スキルで怖いのがドロップ枯渇です。

運が悪いと、3ターンとかスキル発動できないとか普通にあります。

その点では、麒麟よりはなんとかなる機会が多いと言えますね。

 

結局のところ、使う人の好みだと思います。

光に染めている麒麟は弱点になるダンジョンが無いです。

海山もリーダーが水メインなので、木属性のモンスターはちょっとつらいですが、相手によって自由にパーティを変えれるという強みがあります。

 

さて、そもそも指定4色を消すのがむずい!って思っている人もいると思います。

ちょっと頑張って使ってみませんか?

不安であれば、最初は変換要因を多めにパーティに入れてなれると良いと思いますよ。

 

僕も最初は海山なんて使えない!って思っていましたが、最近はどこに行くのも海山使っています。

まぁ、面倒になってバステトやヴァルキリー使うこともありますが。

なれると、25倍の強さはやっぱり良いなぁって思うようになりますよ。

あ!レイランなどの四神使って、3色から始めるのもお勧めです!