Windows8をDELLのM1210に入れてみた!の続きになります。

 

さて、一旦はインストールが完了して動作確認や、使い勝手を確かめたWindows8をインストールしたM1210。

もともとハードディスクの容量が多い機種ではないですから、なんとなく容量の残りを確認すると、なんか少ないんですよねぇ。

 

Cドライブのフォルダの容量を調べてた時に、Windows.oldなるフォルダがあるじゃないですか!

その容量がなんかすごくデカイ・・・

しかも、消せないときたもんです。

 

調べるとちゃんと消し方があって、ハードディスククリーンだかってメンテナンスのコマンドがWindowsには昔からあります。

それの、システムファイルを選ぶと消せるようです。

その項目が出るところまでやってやらなかったんですがね。

 

理由は、その時点でクリーンインストールしたいという気持ちが、かなり大きくなっていだんです。

容量悩むぐらいなら、大した手間じゃないんだからHDDを換装すれよ!って声も聞こえてきそうですが、それはおいおいやろうと思っています。

てか、どうせやるならSSDかな?

 

アップグレードからのクリーンインストールですが、現状でメディアが無いと言うのと、クリーンインストール自体が出来るかどうかもよくわからない。

2chを見てみても、微妙な感じの書き込みばかりときたもんです。

 

使い勝手の確認がてら、色々いじっていたら、スタート画面の右にカーソルを持って行くと出てくるメニューに設定という項目がありますが、その中に、面白いメニューを発見!

なにやら、工場出荷状態に戻すなるメニューがあるじゃないですか。

まぁ、もうHDDを綺麗にしたいと言う気持ちしか無いので、迷わずクリック!

 

その中に、全て消去する項目がありました。

 

後で追加したドライバから、今まであったファイルも綺麗サッパリ無くなってしまいましたが、多分クリーンインストールしたのと同様の状態にすることが出来ました!

ただ、めっちゃ時間かかりましたよ。

たぶん2時間ぐらい待ったと思います。

それでも、結果が大満足でした!

 

悩んでいる方がいたら、お試しあれ!

本当に全部消えてしまうので、バックアップは必ず取りましょう。