新しいもの好きの自分の性格嫌になりますが、Windows8のダウンロードアップグレードが¥3,300とのことで、この値段なら入れ替えてもいいかなぁって思い、機能インストール作業をしてみた!

 

まぁ、結論から言ってしまえば、躓いたのはちょっとで、今のところ問題なく稼働中です!

 

躓いた所を少々解説

まず、発売日というせいもあり、アップグレードに必要なファイルのダウンロードが時間掛かり過ぎでした(-_-;)

2GBぐらいだったと思いますが、2時間以上かかったよ。

一応回線は光です。

 

時間は掛かったものの、なんとかファイルをゲットして、インストール開始!

 

インストール自体は1時間ぐらいで終了。

インストールする際の設定は、Vistaからだったので、Windowsの設定ファイルと個人ファイルを残しました。

 

さて、インストールが終わるとユーザー登録をしないとログインが出来ないみたいなのですが、ここが一番困ったかも・・・

キーボードが日本語じゃない!

スマフォ持っている人ならわかると思うんですが、ウインドウズストアを利用するのにアカウント登録があるんです。

その際のアカウントはメアドを入れるのです。

今までメッセンジャーとか使っていれば、マイクロソフトのアカウント登録をしていると思います。

僕は、昔から持っているHotmailで登録しました。

で、@の出し方がわかんない!

 

まぁ、かたっぱしからキーを打ってみましたよ(T_T)

よく覚えていないのですが、シフト押しながら2か3のキーだった気がします(ちゃんと覚えとけよ!)

 

大きく躓いたのはそこですかね。

 

後は、ドライバーはほぼ最初から問題なく、入れたのは2つだけです。

1つはグラフィックドライバーで、nvidiaのサイトから、Windows7用のをダウンロードして使いました。

 

もう一つが、メモリーカードリーダーのドライバーです。

こっちは、Windowsが問題あるよとメッセージを出してくれて、ダウンロードのアドレスも用意されていました。

クリックしただけで、ダウンロード&インストールが終了です。

これは便利!って思いましたね。

 

で、そうそうキーボードですがデバイスマネージャーからキーボードを選択して、ドライバーの更新で日本語のドライバーを当てました。

互換性がどうこうとか警告出ましたが、問題なく動いています。

 

この状態で、動作は問題なかったので、このまま使ってOKだと思います。

 

ただ、僕の場合はこのあと色々思う所があって、ちょっとやり直した部分があります。

その事は、長くなったので次の記事に書こうと思います!

 

 

次の記事 → Windows8はクリーンな状態で使いたい!